CONCEPT

日本には四季があり、ここ山梨にはその土地がもつ盆地ならではの夏と冬の厳しい気候があります。この厳しい気候の環境で、快適であることを考えた家づくりが、エヌハウスの家です。暑さや寒さを家の中でがまんする生活は豊かではありません。
光熱費を気にしながら冷暖房を我慢したり、部屋と廊下、お風呂場での温度差を我慢したり、このような我慢は体への負担となっています。この負担は、年齢を重ねるごとに健康を害してしまうことにつながってしまうかもしれません。せっかく建てる家です。健康で、安心して、長く愛していただける家。そんな家づくりがエヌハウスが考える快適な家づくりです。
このような家を実現するために、こだわっていることが、【家の性能】です。性能というと、難しく感じるかもしれません。でも、一度知れば、とてもシンプルで、その必要性に納得いただけると思います。
是非、一度エヌハウスへお越しください。わかりやすくご案内させていただきます。

断熱性

家の中で、空間ごとに温度差を感じ、震えてしまうことはあたり前のことでしょうか。温度差は体への負担になります。
一生長く安心して住み続けてもらうために断熱工法にこだわり、温度差を軽減する家づくりを実現します。
エヌハウスでは、外断熱工法を標準としています。外断熱工法は、建物の構造部分を隙間がほとんどなく、外側からすっぽりと包むように断熱ができるので、家中の温度差を軽減することができます。
さらに、断熱性能を高める「ダブル断熱工法」もご用意があります。外断熱+内壁にも断熱材を充填させる工法で、断熱性能を非常に高める断熱施工技術です。
エヌハウスの断熱性能を表すU値は、国の基準を大きく上回るUA値=0.35が基準値です。

気密性

家の気密性の高さは、快適性を支える大切な要素です。気密性が低い家には隙間が多くあることになります。隙間の多い家では、冬は暖房をつけても、暖かい空気が外に漏れ、外からは冷たい空気が家に流れ込んでしまいます。
夏にも冷暖逆の同じような現象が起こり、外気の影響を受け、家の中で温度差のできる家になってしまいます。
気密性を高めることで、断熱性も高めてくれます。
冬の寒い日、セーターを着てウィンドブレーカーを着ると温かいですよね。家も同じように、断熱性(セーター)+気密性(ウィンドブレーカー)を加えることで保温性が高まります。つまり、家も気密性を高めることは、家の断熱性を高めるためにもとても重要なのです。
エヌハウスの気密性能を表すC値は、次世代基準値5.0を大きく上回るC値=0.4が基準値です。